image

かなり日が空いてしまいましたが!!汗

長野県をe-bikeで、300Km以上走ってきたレポートの続きを書いたで♪
帯同カメラマンの、ミスターはたまちさんから素敵な写真もいっぱいもらったので
写真多めで行ってみよーーー!!

11月1日 Japan Alps Cycling Project 2日目の朝も早い!

意識を失うようにグッスリ寝て
あっという間に朝がきたー!

6時から朝食を食べて、さぁ7時に出発だ!

image

外に出てみると、キーーーーンとした寒さ!

まるで本格的な冬が来たみたいだ!!

本日の行程。。。今日は、後半4日間のうちの最長距離やで!

◉木曽福島駅〜平岡駅◉133Km、獲得標高3000m

image

ほとんど登りということは、私のe-bikeのバッテリー充電は大丈夫なのか?!

っと心配していたら。。。

雷太さんが、予備バッテリーを装着してくれました!!!

この瞬間、雷太さんが神に見えました(笑)

image

シクロワイアードの実走取材は安岡さん

めっちゃ真冬スタイルやーん!さすが準備万端!!

ニンニン♪

image

朝は、毎回こうやって朝礼的なものがあって
みんなで顔を合わせてから、出発します

今日は、最長距離なので、みなさん気合い入れていきましょー!!
みたいな感じ。

IMG_8511

情緒溢れる、木曽町の街中を抜けて

いざ、2日目スタート!!

IMG_8513

っと、思いきや。。。

前半から、めちゃめちゃペースが速い!!

気温も1度!!みんな身体が温まるまで「寒い〜!!」っと叫びながら

必死にペダルを回します!


IMG_8514

ここでみなさん、e-bikeには、どんなイメージをお持ちでしょうか?

私がe-bikeをお借りすると言った時、周りの友達はみんな

「反則や〜笑!!」と言われました!!

いやいや、平坦とか、下り基調の漕がなきゃ進まない場所とか
一定の速度を超えるとアシスト機能がストップするから
かなり、キツイんですよ!!!笑

つまり、めっちゃトレーニングになるってこと

私も今まで、体験程度はあったけど、こんなに本格的に乗るのは初だったので
ここまで運動できるとは、初めて知りました。笑

だから、ゆるい下りの道とかは、漕いでもロードのみんなから遅れをとってしまって
(えっ!?私が遅いだけ??)

心の中で、くそ〜!!!登りでグングン追い抜いてやる〜笑!と
メラメラ闘志を燃やしておりました。

ただ、のんびりサイクリングスピードや、とにかく山は最強です!!


IMG_8515

木曽の道もめちゃくちゃキレイで走りやすく

なので、前半ペースも時速35〜40ぐらい?だったか??

必死のパッチで(古い?)道の駅「大桑」に到着!

ここまで、約27Km。ようやくトイレ休憩


IMG_8516

みんな朝ご飯を食べたはずなのに、もう補給です!!

小肥さんが、ドライフルーツを分けてくれた⭐︎ 
image

みんな道の駅で、ここぞとばかりに補給を購入

このドライ林檎、めっちゃ美味しかったな♪

image

本格的な登りが始まる前に、サポートカーが止まってくれて
脱いだ上着などを預かってもらえます!

こういうサポートは、自転車のことを全て熟知しているスタッフのみなさんだからこそ
走っている人たちが、今何を求めているのかを先回りして分かってくれるのが嬉しい!

写真は、今朝、静岡から応援にわざわざ駆けつけたお父様から受け取った
ピカチュウキャップをかぶる、たけちゃん。

image

休憩ごとに、バンドを使って身体をほぐす五郎さん

このバンドなら持ち運べるし、私も使いたいと思いました

image

ここで、登りの前に少し観光できることになりました

やったーーー!! 

木曽にある「妻籠宿〜つまごじゅく〜」 
IMG_7766

調べてみると。。。

全国で初めて古い町並みを保存した宿場町で
現在、国の重要伝統的建造物保存地区(昭和51年)に選定

と古い街並みがなんとも趣のある光景です

撮影:雷太さん

IMG_8519

しばし、参加者もみんな表情がゆるくなり観光気分を味わいます

IMG_8521

今度来たら、ゆっくりカメラ持って回りたい絵になる場所でした

IMG_8522

さぁ、ここから「大平峠」という本格的な山へ

一気にみんなの表情も観光モードから、ヒルクライムモードへ?!


IMG_8523

距離は、約18Kmらしい

いざ、それ〜e-bikeの出番だ〜と言わんばかりに先頭へ飛び出す(笑)

いつものロードバイクな私なら、自称ポタリングヒルクライマー
つまりは、めちゃめちゃ遅いし、のんびりなので
一気に一番後ろをトロトロ走っているんですが

今回の私は最強アイテムを身につけたので強気です。笑

隣のアイアンマン女子、フェイスちゃんはとにかく坂が速い!!

かなりの距離を登りきった所で、サポートカーを運転している塩澤さんの姿が!

おっ!!
18Kmって意外と早かったな!!

IMG_7594

っと喜んでたら、「大平峠はここから18Kmだよ」と塩澤さん。

えーーー!!そんなまさかーーーーー!!笑

IMG_8524

結構登ってきたと思ったら、ここがまさかのスタートでした。笑


IMG_8525

よーーーし!!いざ、気分新たに「大平峠」へ!!

五郎さん、雷太さんと


IMG_8526

OK!!
まだまだ充電あるぞ!!予備バッテリーのおかげで、安心して峠に迎えました。笑

さ〜て、ここからが、まさに大自然に感謝したくなるような
色とりどりの紅葉のトンネルだー!!


IMG_8527

ヒルクライムなんだけど、勾配はそんなにキツくなくて
シクロワイアードの記事によると。。。

平均勾配は、約5%ほど

ロードバイクでも、ゆるゆる登ったら最高に楽しいぐらいの勾配

IMG_8531

そんなヒルクライムを、「e-bikeってめっちゃ楽しいな」っと笑いながら
楽しく登るe-bikeコンビ雷太さんと私

雷太さんは、e-bikeに乗り始めてから、かなり自転車に乗るようになったそうです

楽しいから、帰ってきたら、また乗りたくなるんだよね〜♪

私も分かる気がしました♪

IMG_8528

自転車に乗ってる写真は、全て帯同カメラマンはたまちさん撮影♪
自転車に乗ってる時の写真てなかなかないから嬉しいですね!!

IMG_8530

静かな山の中、紅葉が真っ盛りで、勾配も気持ち良くて

気分は最高だーーー!!

それでは、大平峠を登ってるかのような気分で、写真をご覧ください

どーーーぞ!!!

IMG_8532
IMG_8533

ほどんど車も通らないし

お天気が良かったので、寒くもなく
木漏れ日がとってもキレイでした 

IMG_7619

こんな景色を、一年中暑い夏を過ごしている

インドネシアの友達が見たら、感動するだろうな〜っと想像してました

日本に生まれて良かったと思える、大自然が生んだカラフルな景色

FullSizeRender 

海外の人たちには、春の桜ももちろんお勧めだけど
秋の紅葉の景色だって、特別感動してもらえる景色だと思う

自然が作る色に勝るものはないのだ

IMG_7655

こちらは、中学生男子たち

ではなく、五郎さんと、たけちゃん。笑

たけちゃんに枯葉シャワーを浴びさせる五郎さん

写真はないけど、たけちゃんのお股めがけて自転車で突っ込む雷太さん
(絶妙のバイクテクニックで、寸止め。笑)

IMG_7656」」

枯葉まみれなのに、めっちゃ嬉しそうな、愛されキャラのたけちゃん

中学生男子たちは、とっても楽しそうでした。笑


IMG_7659

ふと気がつくと、とっても高い場所まで登っていて

山並みが本当にキレイ!!

IMG_8535

みんなでワイワイしているとヒルクライムの辛さなんて何処へやら。

IMG_8537

そこから、私もe-bikeなのを良いことに

まだまだ続く登りで、たけちゃんにやたらと話しかけ
仲良くニコイチで登っていきます


IMG_8538

苦しい〜!!と言っているたけちゃんに、ベラベラ話しかけます。

私、悪い顔してるなぁ〜笑


IMG_8539

ようやく、山頂と思われる場所が見えてきた!!


IMG_7669

差し入れでいただいたという、御嶽もなか♪

これ、本気で美味しくて、お土産に買って帰りたいぐらい
絶妙な柔らかさと甘さ⭐︎

IMG_7671

もなかと言っても、しっとりしているので口の中の水分も持っていかれず
補給にピッタリでした!

IMG_7674

あぁ、グラデーションが美しい

IMG_7676

こちらも美しい

寝そべる、いよちゃん 
IMG_7666

下り前のこのトンネル、なんだか雰囲気ありますよね!!

IMG_8541

写真撮っても、めっちゃかっこいい!!

IMG_8542

登った分、一気に下りますよ〜


そしてお次は、飯田峠への登り!!!

IMG_8543

ここで、プロ相手に、奥の手を出す私

スペシャライズドのe-bikeには、スーパーマリオでいうBダッシュ的なボタン

Sマークボタンが付いていて、これを押すと

まるでBダッシュのように加速するんです。笑

よーし!!ここで一気に、KOM(山頂を一番に登り切る人)取ってやるぞ

っと、グングンペダルを踏んで無謀にもプロに対抗し加速していく私

最後は、筧五郎さんに、あっさりKOM奪われました!!

IMG_7682

プロって、本気でスゴイ(当たり前だろ!!)と実感

っというように、強い相手のトレーニング相手にもなれる
そんな可能性を秘めているe-bike!!そんな使い方もできることが判明しました

IMG_8545

下りは、みんな気をつけて、各々のペースで

IMG_8547

スノーボードのインストラクターしてたから下りは好きなのだ

IMG_8548

途中の紅葉があまりにも素晴らしかったので一旦ストップして撮影タイム

IMG_7697

見て!!この川の色ーーー!!

透明感!!エメラルド!!本当キレイ!!

IMG_8549

違いの分かる男、鈴木雷太さん

ダバダーーーって感じの良い一枚

IMG_8550

長い長ーーーい下りを気持ち良く降っていく一行

あ〜お腹すいたーーー!! 
IMG_8552

長野の人たちにとっては、普通の光景なのかな?

走ってると、至る所に林檎畑!!

こうやって長野の自然に育まれて美味しいリンゴが出来上がってるんですね

あぁお腹ペコペコーーー!!


IMG_7704

ようやく待ちに待ったお昼ご飯です!!


IMG_7707

お出汁も、お野菜もめっちゃ美味しくて染みる〜!!

写真にはないんだけど、うどんと一緒に運ばれてきた
白いご飯が、本気で日本昔話級にてんこ盛りでした(笑)


IMG_7713

そして、ここで後半を走る前に何と地元のみなさんより
嬉しい差し入れをいただきましたーーー!!

食べたかった、長野のリンゴーーー!!!

IMG_7712

今朝、掘ってきたばかりという、お芋!!!

しかも、ホカホカ焼き芋にしてきてくださいました!!嬉しい!!

IMG_8555

思わず、さっきお昼ご飯を食べたばかりですがデザートタイムってことで

リンゴを「あーーーーーーん」♪

IMG_9094

甘くて、めちゃくちゃ美味しかったです!!ありがとうございました!!

IMG_8557

地元のみなさんも一緒に、天竜峡にて記念撮影

IMG_8558

女子参加者 いよちゃんと、フェイス♪

IMG_8559

ここからも、適度なアップダウンが続きます

初日から、純粋なフラット平地がほとんどなーーーい!!笑

IMG_7720

「はーーーい、みなさん安全にね」と安全おじさん五郎さん。笑

IMG_8561

だんだん疲れも溜まってきて、あと宿までどれぐらいですか〜

雷太さん「あと10キロ」ぐらいかな〜

みんな「絶対ウソだーーー笑」

ワイワイとご一行は、あと少しになった距離を走ります

IMG_8562

ここから、天竜峡の周りかな、ずっとエメラルドの光景を眺めながら
紅葉とのコラボレーションも抜群にキレイでした!!

IMG_7724

お天気もずっと晴れ!!

IMG_7729

写真じゃなかなか伝わらない美しさ!!

実際は、この色の数倍キレイでした!!

IMG_8563

はたまちカメラマン撮影

なんて自然な笑顔が可愛いんだーーー!!

IMG_8564

私も撮ってもろた。

腕短いなーーー笑

それっぽく写ってるかしら♪

そんな撮影会をしたくなる程、本当にキレイな景色ばかりで

あと宿まで少しと聞いたので、写真撮りながら宿まで進みます

本当に、何回も言いますが
初日松本市をスタートしてから街中抜けて

ここまで思い返してみると。。。

信号で止まった記憶がない!!!

それほどまでに、このルートは信号のほとんどないルートが設定されているんです!!

車通りも少ないので、NOストレス!!

IMG_8567

大自然の中を走り抜けてようやく宿にチェックイン!!

IMG_7732

宿に到着してみたら。。。何とJRの駅でした!!

IMG_8568

こちらのお宿「龍泉閣」さんJR平岡駅と隣接というかくっついてるんです♪

IMG_8569

お宿のフロントは、駅の待合室

IMG_7757

ご飯も、ウマウマでぺろりでした♪

IMG_7769

今回のモニターツアーですが、何とお洗濯をしてもらえるんです!!

宿に到着したら、その日のウェアなどを出しておけば
すぐに洗濯してもらえ、脱水も終わってるのでお部屋で干しておけば
次の日も着ることができます

めちゃくちゃありがたいサービスですね!!

お宿も、畳のお部屋でゆっくりくつろげるのが最高

この日も、9時半には就寝。小学生並み。笑

IMG_8518

モニターツアーは、あと2日!!

ここまで、距離220Km  獲得標高:4200 m(実際の走行データだそうです)

3日目は、雨予報。。。続く。