IMG_1770

ブログが一番大切だと思いながら。。。
ついつい、手軽に使えるSNSに偏りがち。。。

それならば、全部一緒に投稿できるようにすればいいじゃないか!!
でも、それはなんだか抵抗があるという矛盾。。。笑

なので、写真や投稿しようと思いながら出来ていないことが山盛りてんこ盛り。

今回は、7月7日(日)七夕開催となった【第2回神河ヒルクライム
兵庫県内では現在唯一、公道を規制して開催しているのですよ♪

この大会は、1回大会の、本当の立ち上げから関わらせていただいてて
自分も好きなコースなので、めっちゃ思い入れが深いのです

IMG_1772

昨年は、大会前日に大雨。。。笑
大会当日も、ひんやり。。。山頂も寒い中開催していたので
お天気が本当に心配だったんですが

関東やら、四国やら、色んな全国各地から集まってくださった
晴れパワーサイクリストの皆さんのおかげで、最高っっっにお天気よかった

マジで、油断してた私は、ガチの半袖焼けした〜(笑)

この日も、スタートを見送った後は、急いで山頂へ移動あっバイクでね

選手の皆さんを追い越していくのですが、自分もどれだけキツイか知ってるだけに

心の中で「分かるで、そのキツさ!!笑」「がんばれ〜い!!!」と思っていました

IMG_1794

山頂に到着すると、トップの選手は数名すでにフィニッシュされてた

私がトイレ行ったから間に合わへんかった

IMG_1793

なんだか今年は、とってもインターナショナルな神河ヒルクライム

イギリスとニュージーランドから来られて、今は三田市に住まれている皆さん

めっちゃ日本語も堪能でクールだね

IMG_1792
ちなみに今年第二回目のチャンピオンは、ハリーさん

イギリス出身三田市在住イギリス時代も自転車に乗ってたけど
あんまりイギリスには山がないので、三田に来てから山が好きになったハリーさん

脚がフレームと同じぐらいの細さ

そしてバイクは日本製やんか〜
めっちゃ洗車したくなるぐらいの使いこなし方(笑)
かなり乗り込んでいるんやな〜というぐらい

速い人は、どんなバイクでも速いんだと思い知らされました

今年の山頂は暖かくて、表彰式の雰囲気も本当に良く
MCさせていただきながら、とっても嬉しい気持ちになりました

熱い走りで盛り上げてくださった選手の皆さん、本当にありがとうございました!
この大会を作られている神河町の実行委員会の皆さん
こんなにアットホームで温かい雰囲気の大会をありがとうございます!!
そして、コース沿いで応援してくださった地元の皆さんの声援が
とてもとても嬉しかったです

全てが、神対応、神レベルに楽しかった

また、神河町のことが好きになりました
ありがとうございました

IMG_1798

大会が終わってもまだ午前中なのも、神河ヒルクライムの良いところ

私も仕事が終わってから乗りに行けるなんてこと
他の現場ならまずありえないことなんですが
毎年、神河ヒルクライム終わった後は、無性に私も走りたくなるので(笑)
今年も、大好きな場所へ行ってきた〜

お世話になってるウオズミサイクル(通称:ウオサイ)女将と泉ちゃんと北〜野くん

ランチは、神河町にある【古民家カフェStick】さん

IMG_1800

縁側もあって、中は畳なので疲れたらゴロリなんかもできたり。。。

店主のお姉さんもサイクリストウェルカムなので
色々世話焼いてくれます(笑)

私よりマジでお喋り好きな方なので、めっちゃ楽しい場所ですよ
個人的には、但馬牛を使ったハンバーグがめちゃウマでした

IMG_1803

そんなカフェStickさんを出てすぐのところにあるのが、この風景
通称「あじさい村」と言われている猪笹(いざさ)地区のあじさい

昨年、第1回神河ヒルクライムが終わってから初めて来て
惚れ込んでしまった景色

IMG_1804

なんと、このエリアには、あじさいが、約1万株も咲いているんです

しか〜も、全部地元の方々が植えられて、手入れをしているとのこと

IMG_1802

今年は、ずっと寒い日が続いてたので、例年よりも色づきが薄いんだけど
それでも、ずっと続くアジサイロードと田んぼの緑や山の風景が
本当にめっちゃキレイなんです

IMG_1760

「どう??この景色??」笑

IMG_1759

仲良しトリオ
泉ちゃん、女将、アケ

IMG_1756

一番右の北野くんの、ぎこちなさ(笑)

IMG_1762
IMG_1763

毎年の恒例行事にしたい、アジサイ村サイクリング

神河町の役場〜このエリアまで、片道約12キロぐらいかな?

今年は、6月〜7月の上旬まで、アジサイが見られました
来年、是非行ってみてね〜

IMG_1754

ちなみに、「道の駅」銀の馬車道、ゆずソフトクリームはお忘れなく

私は、バニラとのミックス派

では、テリマカシー