ジョグジャカルタを象徴するTugu

本当にいつもそこにあって市民のみんなを見守っている雰囲気があります

ジョグジャカルタの朝はいつも早い

暑い国は、涼しい朝にみんな活動するので、だいたい5時起きだったり

自転車に乗る朝もそれぐらい早いのだ


道の通りで、朝市をやってます

とても活気があって、インドネシアのお母さん達が良いものを探しに集まります

そんな光景を自転車から眺めます


なーーーんて、のんびりした朝なんでしょう

モウ〜最高に気持ち良い時間だぁ


ムラピ山が…
くっきりはっきり見えます

この写真は、わざと後ろにムラピが見えるように下ってますが、
本当は、ずっっっとゆるい登りが続くのです


途中から、お友達と合流し

カリウランまでのヒルクライム

なにせ、約30キロずっと登り…

ゆるいけど、永遠登りが続きます…


途中で、バテバテだった私を見て一回休憩入れてくれました 

みんなの行きつけ?の場所

中味は、どんなものだと思いますか?

日本には、たぶんないと思います

「サラー」っていう果物

手で皮を剥いて…

なんか、ニンニクみたいに幾つにも分かれています

そして、意外と硬い…笑

カリカリ梅なみに噛み応えがあります

味も甘くはない…

ちょっと酸味があって、不思議な味

でも、癖になるサッパリした味で食べてると美味しくなってくるーーー

しかも、大量にある中から、みんな5個とか食べてた(笑)

しかも、無料みたい…
さすがローカルだぜ


自慢のミヤタバイク

こちらでは、クラシックバイクのチームがあるほど日本のメーカーが人気なのです


その後、ムラピ山が一望出来る場所へ行こうと…

行ってみると、さっきまでハッキリ見えていたムラピは、雲の中へ〜

まぁ、こんなこともありますよね

で、ここから、頂上まで何キロ?

っと聞くと約1キロだ〜

っと言うので、俄然ヤル気が出てきたーーー

登り始めてから、気付く…

自転車乗りの、「後、何キロ」は、信じてはならないと…(笑)

1キロなんて、とっくの昔に過ぎたぞ…

出たーーー
日本と同じ
「もうちょっと詐欺やぁ(笑)」

私のメンタルは、1キロ分しか残っていない…

あんなに大好きなインドネシア人のことを一瞬、嫌いになってしまいそうなほど(笑)
頂上が見えてこない…
しかも、ここにきて全然ゆるい登りじゃないやん…

半ば、泣きそうになりながら
頂上は、どこーーーー⁈と叫んでいたら

本当にすぐそこだよ〜

っと、先に到着したメンバーの姿が見えました


ホンマーーーに、遠かった… 

ヘタレな自分を褒めてあげたい 笑 

カリウラン登ったどーーー 


そこから、昼ごはんを食べに向かいます

もう、お腹は極限にペッコペコ

こんなワルンへ到着

自転車乗りも沢山いましたよ

カッコいいロードバイクが停まってる


中に入ると、ジュニアやユースのメンバーがいました

この男の子達、相当速いのです

バイクで、コーチが前を走りながらトレーニングしてた男の子達です

ご飯は、食べたいものを自由に取るスタイルです

不思議なことに、お会計は、食べた後に自己申告するんだよね〜(笑)


14歳の男の子

ジャパンカップの写真とか見せてあげたら、いつかレースで行きたいとのこと

いつか、日本で会おうーーー

そして、カリウランからは登ったぶん

ずっっっと下り

永遠に気持ち良い下りが続きます

自転車は、これだからやめられない

さっきまでの苦しかった登りのことなんて一瞬で忘れちゃうもんなぁ


そして、下りきったところで…

突然、友達の家に寄ります(笑)

インドネシアあるある

「いつ誰が突然、家に来ても、
みんなウエルカムで迎えてくれる


お茶やお菓子を出してくれました

もう、子供達が本当に可愛いかったな


インドネシアは、こういう所を走ります

バイクなどと、ほとんど同じ感覚


帰りに、今回行こうと思ってる学校を見に行きました

今回の旅の目的の一つ
「学校へ行って勉強する」

2つ迷ってたけど、結果
料金もお得で、なにより日本人がほとんどいない『alam bahasa』という語学学校に決めました

しかも、明日からレッスン受けたいと言う申し出にも直ぐオッケーもらえました

やったね


インドネシアの一日は長い

夕方から、『Candi BOKO』という
夕陽がキレイな場所へバイクで行くことになりました


写真に小さく写ってるプランバナン寺院などは、世界遺産で多くの観光客が訪れる場所ですが、ここBOKOは、本当に地元の人達がオススメする場所

日本人にもあまり出会わないですよ

すごーく穏やかな場所でした

しかも、すごーく高い場所にあるので
街並みもキレイに見渡せました


太陽が沈むまで待ちます


すると…
なんとダニエルさんの奥さんエステルさんが鞄から何やらゴソゴソ…

豆乳は、好き?

えっーーーーー好きです


何と、オヤツと豆乳を持ってきてくれてました

しかも豆乳は、まだとっても温かい

隣のフライの中身は、ハムチーズマヨネーズ
めっちゃくちゃ美味しかったーーー

なんて出来た奥さんなんだぁ


とっても広い公園になってます

この木なんの木もありました(笑)

そうこうしてたら…

ちょうど太陽が傾いてきました

みんな一斉に写真撮影がスタートします


日本ではあまり持ってる人を見かけない

セルフィー棒も、こちらは誰でも持ってるぐらい大流行しています


みんな写真が大好き


年齢も性別も国も違うけど…


本当にそんなこと、忘れてしまうほど

人と人の距離が近く感じます

 
是非、ジョグジャカルタで世界遺産は、すでに行ったという方

BOKOは、特別な時間が過ごせると思いますよ

オススメです

写真:ダニエルさん

あぁ、濃密であっという間な一日でした