ジョグジャカルタには、何と約1000もの寺院があるんだって

有名な世界遺産もあれば
とても小さな地元の人しか知らないようなものまで様々。

そして、ローカルはみんな言います

「世界遺産も良いけど、いつも混んでるし高いでしょ〜世界遺産は、いつ行っても変わらないよ」

でも、そうは言っても外国人からすると、
まずは世界遺産を見ておきたいものやんね

だって、本当に偉大な建造物だから 

だけど、二回目からは、また違った場所も良いと思う

だからって…

えーーーー
 これはどこに繋がる道なの〜



岩場や崖 を登りきったら、景色が開けて

とても見晴らしの良い場所に着きました


こちら、ダニエルさんとアント

本当にいつも笑ってるから、
こちらまで笑えてくる


で、みんなこんな写真を撮ってます

この木に登るの意外と大変やった…笑

晴れなら、向こうにムラピ山も見えて
めちゃめちゃ夕陽も綺麗なんだって



インドネシアの人は、写真が大好き

みんな、景色の良い場所を探して
写真三昧するのです

日本人って、こんな写真、小っ恥ずかしくてなかなか撮らないじゃないですか〜

だけど、こちらの人は、ポーズを撮ったり、アートな写真を撮ることが本当に上手い

見習いたいぐらい

自撮り好きな人も多いけどね(笑)


そんな訳で、カメラ好きなダニエルさんに言われるがまま、ポーズをとる私


突然、ホウキを持って来て、こんなことも…笑

撮影用なのか、どこかの掃除用なのか
ホウキがそこに置いてあることが凄い


こちらが、ダニエルさん自慢の
JAPANブランド 桑原クラシックバイク


いつもカメラを構えています


趣味で写真をされてるんだけど

家にもたーーーくさん奥様との写真が飾られている、愛妻家なのです


日本では、まずロードバイクで走らないような場所ばかり行きました(笑)

結果…



コケました…(笑)

でも、安心してください

下は土なので痛くないですよ

自分のマヌケ具合に、
笑いをこらえきれない絵です

決定的瞬間も、撮られてました

空がどんよりなのが、少し残念だけど

ダニエルさんの写真ステキです


色んな道を先回りして、撮影してくれたおかげで、なかなか見られない乗っている時の写真も沢山撮っていただきました


気分は、魔女の宅急便…

でも、なんだかジャンプが重そうな私…笑


沢山撮ってもらった写真は、
お昼ご飯食べながらみんなで見ます


ランチは、ソトアヤム


日本で言う、具沢山スープみたいな感じ

で、スープの中に、春雨みたいな麺が入ってて、このスープをご飯にかけて食べたり、ご飯をスープの中に入れて食べたりします

味は、とってもアッサリしてて
めっーーーちゃ美味しいのですよ

お酒飲み過ぎた次の日の朝に合いそうな味って言ったら分かりやすいかな


2016年1月2日の出来事でした

ダニエルさん、アント
テリマカシーーー