写真は出発前の集合写真 
(みんなが私のポーズをしてくれてます!笑)

インドネシアの旅を数回に分けてお送りしております

遂に(やっと?!笑)
旅のピークがやってきた
(まだ終わりではない)

「世界遺産へ自分の自転車で行きたい」

そんな夢が叶う日がやってきた

当日の朝  目覚めて部屋を出ると…

何と 雨季で毎日大雨だったのに…

青空ーーーーーー

自転車の神様にお願いしたおかげや
神様本当にありがとう

ほんまに奇跡的な晴れ〜
快晴で暑いぐらい

ホテルを朝の6時過ぎに出発

いざジョグジャカルタにある
世界最大の仏教遺跡
ボロブドゥール寺院へ

距離は片道40キロぐらいなので
そんなに遠くはないんだけど

とにかくめっちゃ暑い〜

30度以上はあったはず

行きはずっ〜と、緩やかな登りが続きます

ジャワの富士山でもあるムラピ山も
くっきりと見えました

が…
写真はありませーん 

午後から雨が降ったらあかんし
早く行こうとほぼノンストップでハイペースだったもんで…

とにかく、トラックとかバイクも
右側からグングイ抜いて行ったりするので、ハラハラしながら必至に頑張って着いて行きました

写真撮りたい場所も
沢山ありましたけどね…笑

すると、2時間弱で…

あっという間に、ボロブドゥール寺院の外にある公園へ無事到着しましたぁ〜

おなじみ、帽子を売るお姉様方

その後、ボロブドゥール寺院の中には

自転車持って入れないから
友達の家で預かってもらおう〜

ってことで、Bramの友達の家へ行くと…



割と高い木を切ってるお父さんがワイルドに登場〜

優しいええお父さんやったなぁ

可愛いファマス君4歳と


自転車を預かってもらい

ここから歩いて10分ほどで…

うわぁお〜来たーーーーー

世界最大の仏教遺跡

ボロブドゥール寺院

とにかく平日でゆっくり見られるし

なんてったってめちゃめちゃ良い天気

夢のような景色が目の前に…

マジで感動〜


写真もキレイ〜

階段を上ると…

壮大な石造の建築物ボロブドゥール

ただ、建造後1000年以上も密林の中で
火山灰に埋もれていました…

そして1814年に土の中から掘り起こされるまで、歴史から消え去っていたんです

長い眠りから覚めた
ボロブドゥール遺跡に関しては未だ
多くの謎が残っているそうです。

これだけ大きな建築物は、当時の王朝によって何と!50年の歳月をかけて建造されたと考えられているそうです!

とても神秘的な空気を感じました‼︎

目の前に広がるボロブドゥールに

自分がなぜこの場所に自転車で、昨日会ったばかりの友達と一緒にいるんだろうと

色々と不思議な気持ちで…

ただただ感動しながら眺めていました

回廊を上がっていくと
ストゥーパと呼ばれるものが沢山あります。

この中には仏像様がいらっしゃいます!

半壊したストゥーパです!



この場所おなじみのポーズらしいです



週末は、観光客で賑わっているけど

朝早く平日に来ると、
とてもゆっくり見られることが分かりました

写真も思い存分撮ることができますよ

昼が近ずいてくると、段々と人も多く(これでも少ない)なってきました

いくら写真を撮っても飽きないほど

本当に青空…

幸せいっぱい

だけど、AntoとBramにとっては
何回も来ている地元の観光名所…(笑)

はしゃぐ私に付き合ってくれて
ありがとう (笑)

帰りのお土産売り場を通ってると…

ナイスマダムがいた

めちゃめちゃ元気な78歳

体に気をつけて頑張って欲しいな

自転車取りに、お父さんの家へ戻ると

お菓子やココナッツジュースを出してくれたよ

ファマス君と猫ちゃん
こんなに気を許してくれ(笑)
とっても仲良しになりました

可愛いなぁ

お礼を言うて、いざ帰路へ

っと思ったら…

またBramのお友達の家へ寄り道

可愛い赤ちゃん

次会ったら、もう歩いてるかもね

こちらでも、お菓子やらスープやら
色々と食べさせていただきました

お分かりのように、インドネシアの人は

突然家に誰がいつ来ても、
常にウエルカムな文化なのです

日本じゃありえな〜い‼️笑


お昼を過ぎても雨の心配もすっかりなく

いざ、帰路へ

帰りは、行きと別のルートを通るぜ〜

行きは割と町の中を通ったけど

帰りは、のんびり緑の中を走ります


先ほど寄った友達の家でもらったバナナで補給

猿のように頬張るぜ

ローカルだからこそ知ってる道

地元の友達最強だね

きっと、観光客で来てたら
こんなローカルロードを通ることもないんだろうな


ここ実は、ありえない程高い橋なんです

ギャーーーー!

叫びながら通過〜



帰りにAntoの友達の家へ

ブリジストンの自転車を見せてくれたよ


ジョグジャカルタにある

SPECIALIZEDのバイクを扱うお店

店内はゆったりとしてて
とってもキレイでした

本当に暑くてヘロヘロだったけど
ホテルの近くまで帰って来たよ

ホテルまで到着したら、約90キロ走ってましたぁ

ラモス瑠偉さん風ベチャのおじさん

もう、まだまだ走れそうなほど

めちゃめちゃ楽しかったジョグジャライド

帰って来て夜はゆっくり…

する訳もなく(笑)

まだまだラストナイトということで

ジョグジャカルタのディズニー

alun"selatanへ


こちら広場に凄い数、何十台もあるんですよ〜

まるでエレクトリカルパレードばりの電飾

しかも見た目、車みたいだけど、
実は足元はペダルなの


まだまだ漕ぐで〜


広場内をグルグル回るだけなんやけど
イケイケノリノリ

この車に音楽鳴らす機材が付いてて

自分の携帯に入ってる音楽なんかをガンガンのボリュームで鳴らせるんです

広場内一帯が、ディスコみたい
確か、300円ぐらいで乗れます

ここも、私の大好きな場所

光る自転車もありますよ〜



みんなで最後の晩餐を楽しんだ後

どこか行きたい場所ある?と聞かれ

その時点で深夜0時

最後の夜だからどこでも連れて行ってあげると。

何と、今からムラピ山に行こうと〜‼️

マジーーーーーー‼️

みんなでバイク(エンジンある方)で登ること30分…

特に何がある訳でもないんだけど

帰りの夜景を見せたかったのかな??

もう、おもてなしが凄すぎて

ジョグジャカルタに来てから
ずっと感動しっぱなし

さすがにホテルに戻って深夜1時過ぎ…

また明日と部屋に戻ると…

コンコン…
ノックする音と共に私を呼ぶ声

Bramが、どうしても友達が会いたいと言うてるから、チョットだけ珈琲飲みに来てと

ホテルのすぐ近くのカフェへ行くと

レスリィーと、ユリア

深夜の女子トークに男性陣はグッタリ…笑

朝の6時にホテルを出発して

自転車で90キロ…

ホテルの部屋へ帰って来たのは深夜2時過ぎでした…

何だか楽し過ぎて、ずっと夢の中にいるみたい…

この日、自分の自転車で世界遺産まで行きたいという夢が叶いました

次の日は、朝の7時にみんなが迎えに来て
朝ごはんを一緒に食べに行きます

つづく(笑)