Bandungにも自転車専用道路がありました

車で埋まってることも多いけどね…笑

Hotelから歩いて、カーフリーデーの道路

Jalan.Dagoへ

毎週日曜日の朝7時頃〜11時ぐらいまで

いわゆる歩行者天国です

いきなり、armyな自転車集団が…

当時の自転車を取り寄せて乗ったりする

こだわりのつまった皆さん

ちなみに上の自転車は、1942年イギリスのもの

こちらは、カーフリーデーおなじみの光景❓❗️

奥様方や健康を気にしている女性を中心にエアロビクスです

フォーーーー連発

テンションかなり高いですよ

こちらが、Jl.Dago入り口にある目印


入り口で発見    ん、、、

こっこれは、、、


痛車〜〜〜

向こうから、嬉しそうに寄ってきてくれた、痛車コミュニティーインドネシアの皆さん

これ全部自分たちで作ったんだって


うわぁ〜日本の痛車コミュニティーとコラボして欲しいなぁ

そんなことを思うのでした

子供達もお母さん達も笑顔で楽しそう

ただ…やっぱりジャカルタのカーフリーデーと比べると

とても道が広いとは言えず…

人が多く、自転車は、ほとんど乗れないので押して歩いてました(笑)

レンタルしたサビサビ自転車…笑

ブレーキの効きがやはり良くない…

まぁ、乗れただけでいいかぁ〜

こちらの交通事情を表す一枚ですね〜

自転車は、バイクと同じ扱いですからね〜

なかなか慣れた人と走らないと危ないですね

ぶらぶらしながら途中でおやつ

お米から出来た、ほのかに甘いお菓子

おいちーーー

そして、その後は、
自転車ショップばかりが集まる通り
「JL.VETERAN」へ



ここにいる人たちみんな自転車が好きなのかと思うと、私にとって天国のような場所に感じられました


とにかく日本人は、珍しいのと
自転車乗ってる風な人達に片っ端から

「自転車乗ってるの?」と話しかけると

そこから話が弾む弾む(笑)

自転車好きなのか?

私:めっちゃ好きなんですよ〜
みたいな感じ〜

そして…

出逢いは突然やってきたのだ

お茶してる、お洒落な女性を発見

すかさず話しかけると、めっちゃノリが良い

この何気ない出逢いが後々、
大きな輪になろうとは…

私が、日本から自転車持って来た話

だけど、Bandungまで電車に載せられなかった話

友達のfatmaちゃんが伝わらない部分を通訳してくれながら話してました

そして何より夢でもある
ジョグジャカルタの空港から世界遺産ボロブドゥールまで自分の自転車で行きたいと言う思いを伝えたら…

「出来るよ〜 大丈夫だぁ〜

「俺たちのコミュニティーは、インドネシア全部にあるから、ジョグジャカルタのメンバーに案内してもらえるよ〜」と…

「えっ❗️まっマジ〜〜〜❓❗️」

何のツテもあてもなかった私に舞い込んで来た夢のようなお話

彼らは何と
『Federalist Bandung Indonesia』
という1000人以上いる自転車コミュニティーの皆さんでした

いつもCampグッズを自転車に付けて
250キロほど走ったり、山の上まで登ってCampしている凄い人達

とにかく連絡先を交換し…

また、ジョグジャカルタに、
行く日が決まったら連絡してくれと…

どーしよ〜〜〜‼️
行けたらいいなと思ってた場所に行けるかも…

信じられない出逢いでした


皆さんとお別れしてもう一泊…

Bandungには2泊しました

次の日も、懲りずに自転車のお店巡り…

 
左がKelipさん 
右が67歳のナイスミドル Kickyさん

日本の自転車に乗っておられました

私が自転車めっちゃ好きだと話すと

今から乗りに行こうと

家に沢山自転車あるから大丈夫だと

マジ〜
だけど、今日はジャカルタへ帰る日なので、また次の約束をしました

フレームに書いてある
日本語の意味を教えてくれと…

カサシモせぞくてき…

すいません…意味は不明です…笑

お喋りに華を咲かせてると…

また会ったわね〜っと、昨日のLisaが登場

大阪のオカンみたいで親しみ湧くわ〜

自撮り棒(インドネシアではトンシスと言う)が大活躍

雨宿りをしてたら出会った14歳の女の子達

気がついたら…

凄い勢いで囲まれてました

みんな可愛かったなぁ〜

何より、こんなわがままな自転車だらけの私にずっと付き添ってくれた友達のfatmaちゃん

fatmaちゃんは、言います。
「一年に一回、私は運動します。
それは、アケミちゃんが来た時ね〜」笑

沢山歩かせてごめんね〜

色んな人に喋りかけると間に入ってくれて伝わらない部分を伝えてくれる…

日本人より、おもてなしの心を持った
本当に大好きな友達です

fatmaちゃんTerima kasih banyak


さて、ジャカルタへ一旦戻りますが

ジョグジャカルタへは本当に行けたのでしょうか…