画像1

ずっーーーと行きたかった場所に、行って来ましたーーー

麓から山頂まで約28キロある〜関西一のヒルクライムの山

奈良県の大台ケ原だぁ〜〜〜

画像1

向かう途中、
今年の大台ケ原ヒルクライムでお世話になった福嶋さんに電話する

私 「福嶋さん〜今、向かってるんですけど、紅葉どうですか??」

福嶋さん「紅葉〜???!!!そんなんもうないで〜〜〜終わったわ〜

私 「えええーーーーーーー!!!!」

福嶋さん「アケちゃん、紅葉どころか、雪や雪〜

私 「またまた〜、福嶋さん、ご冗談を〜!!笑」

福嶋さん「ほんまや〜!!山頂は、ー3度やで!!

頂上付近6キロぐらい雪あるし今日はロードちゃうで〜MTBがいるわ〜!!笑

画像1




私は、大台ケ原を甘く見すぎていた。。。

さっさぶいーーーーーーーーーーーーー

とりあえず、ポジティブなメンバーは、

行けるとこまで行ってみよ〜ってことになってみんなで出発

画像1

ドライブウェイの手前から、いきなり雪景色〜

雪があると、一気に気温が下がる〜

画像1

だけど、厚着で出発したので、登りはじめるとすぐに、あづいーーー!!っと薄着に

私、典型的な、これぞ蛇行というような走り(笑)

まっすぐなんて、とても足がついてけませんでした〜

だけど、空気も景色もキレイで、途中ニヤニヤしながら登ってました

あんなに、登りが苦手だった私なのに、今回自ら進んでココにやってきたのだ

不思議だわ〜

画像1

画像1

決して、早くは登れないけど、マイペースで登るヒルクライム

またの名を、ポタヒル(ポタリングのように登るヒルクライムのこと)

ほんまに楽しい〜

山が好きな人の気持ちが分かる

画像1

山の中をひたすら登ってると、自然と同化しているような錯覚になるのだ

とてもとてもすがすがしい気持ちになる

いつから自分は山が好きになったんだぁ〜

にしても、この山をわずか、1時間9分ぐらいで登ってしまうトップの選手がいるなんて。。。

足にエンジンが付いてるとしか思えないどうかしてるぜ〜凄い

自分が実際登ってみて分かる、この永遠続く坂道の楽しさと厳しさ

今回は、途中雪もあるということで、ドライブウェイから少し行ったところで引き返して下りました


が、、、この下りが一番きつかった

私だけ、冬用グローブじゃなかったのだ。。。川 ̄_ゝ ̄)ノ

指先はあるものの、夏用グローブ。。。マジで史上最強にやばい

ほんまに寒すぎて、手が冷たくて、指がちぎれるかと思いました。。。涙

下りながら、ショップのおかみに冬用グローブ注文しました(笑)

降りてきてから、上北山温泉に入ったら、

冷えきった体にぬる目のお湯がなんとも気持ち良くて泊まって帰りたいぐらいでした

雪が溶けたら、頂上までいきたいぜ〜待ってろよ大台ケ原〜